アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ガラスの艦隊 感想

<<   作成日時 : 2006/09/23 02:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 ガラスの艦隊を最終回放送にあわせて、たまっていた録画分をまとめて見ました。そこで全体の感想です。

「革命の銀河 ルネッサンス」 このキャッチコピーの作品だが、革命?なんか革命っていってるわりに別に主義主張って全く無かったような気が・・・
元々クレオはエッカルドに言われて皇家復興を目指していたが深い考えがあったようではないし、ミシェルも「人民のため」とは口にしているが本心は兄と父の復讐で後半に入れば自分を辱めたベッティー憎しの感情がメインだった。
そもそもベッティーの政権のなにが悪いのか特に語られてなかったような気が、いや確かにベッティーは自分の延命のためだけに統一を目指していたが悪政を敷いていたのか?
貴族連合や旧皇家以外の新興勢力だから正当性が無い、というのでは「人民のため」なんてのとは全く相容れない。(そもそもその考えではベッティーが最終的に旧皇家の皇子なのだから貴族連合より余程正当だ。)

だいたい、この作品は何を目指していたのかが良く分からない。
「銀英」に代表されるリアル系宇宙興亡史なのか「ヤマト」のようなスーパー戦艦ものなのかが良く分からない。

最初の感じではリアル系かと思ったが、戦闘には全く戦略・戦術が無くガラスの戦艦1隻でほぼ勝利は決まっていた。
数が勝負を決めるとか言っていたが不利なら敵の分断や調略を考えるべきなのにそんなのは全く無く、正面衝突ばかり(隕石群に隠れてというのも結局正面で戦っていた)。
唯一戦術てきだったガウェイン提督も「スターシップオペレーター」クラスの単艦戦闘ににすぎないし、「タイラー」や「ライ」よりもひどい。
またキャラクターもクレオ・ミシェル・ベッティー以外はこれといった人材は出てこず、結局他はいてもいなくてもどうでもいいようなキャラばかりで、最終回の近くでベッティーサイドでは大量の間引きが行われた。

では、スーパー戦艦か?というと確かにガラスの戦艦はほぼ無敵の強さだが、
そのクルー達はインパクトは強いが、決してそれぞれに焦点が当たるわけではないし(アイメルには若干焦点が当たったが)、必殺技?の「心臓抜き」は映像的には美しいが「ヤマト」の波動砲や「ナデシコ」のグラビティーブラストなどと比べると明らかに迫力が無い(「ライ」に出てきた金剛の轟雷砲よりも弱そう)。
物語の主軸もガラスの戦艦の中で行われるのではなくさまざまな舞台で進められ、あくまでがガラスの戦艦は戦闘時の小道具の域を出ていない。
やはりスーパー戦艦とはいえないな。

話の内容では結局、十字聖教(ゴルナ法皇)が全ての元凶だっが、物語の核心のなんでソレイユをクレオとベッティーに分けなければいけなかったのかが分からないままだ。
また、過去の科学が復活したからといって黒十字から逃れられるのなら、なぜ始めに黒十字に捕まった時に脱出できなかったのだろう。
細かいところでは、最果ての星の囚人たちが鉱山を掘っていたのにそこが惑星ではなく領土艦だと思っていたが、人工物の領土艦のなかを掘って何かが出てくるわけが無いだろうに。
設定面でやはり弱い点が多々あるなぁ。

一見丁寧なつくりに見えるのだが良く考えると結構穴があるように思う。
期待していたんだが、ちょっとこのジャンルでは力不足だったようだ。

最後になんで最終回に旦那様大閣下が復活してるの?


ガラスの艦隊 第1艦 ~オレの名は、疾風のクレオだ~ 豪華版
ガラスの艦隊 第1艦 ~オレの名は、疾風のクレオだ~ 豪華版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガラスの艦隊 第24話 「喝采のごとく・・・」 (最終回)
ガラスの艦隊   評価:2.0   テレビ朝日 : 04/04 26:40   ABC朝日放送 : 04/13 26:49〜   メカデザ : 河森正治・宮武一貴   アニメ制作 : GONZO×サテライト   http://www.garakan.com ...続きを見る
アニメって本当に面白いですね。
2006/09/23 14:07
飴光(アメライト)
お願いだ! 昨日(9月17日)に銀座・ヤマハホールで行われた、「ガラスの艦隊DVD発売記念イベント〜革命の銀座ルネッサ ...続きを見る
Fere libenter homine...
2006/09/24 23:21
ガラスの艦隊・姉御物語 第24話「喝采のごとく…」
ガラスの艦隊 第24話「喝采のごとく」の感想です。       打ち切りから2 ...続きを見る
狸のゴミクション
2006/11/03 21:43
エアマックス 2013
ガラスの艦隊 感想 アンカー教授のたわごと/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 08:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガラスの艦隊 感想 アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる