アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・サード いままでの感想?

<<   作成日時 : 2006/05/05 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日5月4日はザ・サードは放送が休みなので、今までのものを見返した感想などを書いてみる。

まず、キャラクターだが、今までに出てきたのが、
火乃香 ・・・ 出てて当然     ボギー ・・・ これも当然
イクス  ・・・ ここまではレギュラー

浄眼機 ・・・ 2話から登場    
トーイ・ジョーイ ・・・ 意外に早く2話から
ミリー  ・・・ 親父のザンカンとともに2話から
メイリン ・・・ ノル爺と3話で登場
ケビン  ・・・ 同じく3話

意外なのが、フィラ・マリークが浄眼機より早く1話に登場していることと、
ラザリが1話でイングリッドやパイフウが出てないのに登場していたこと。
ケビンの相棒のターニャや火乃香の行きつけのみせの看板娘マリーは
出てないが、果物屋のシンディは出ている。
シンディの出番やノル爺のときに火乃香の養母レオノーラの名前が
話題にならなかったのでレオノーラ関係の話はこのシリーズではないのだろう。

設定では、大戦についてがはきりと語られていない。
このことが、原作を読んでいない人に誤解を与えている原因だと思う。
大戦は、人類同士が、超科学(遺伝子改造の生体兵器から重力兵器や亜空間兵器までも)を駆使して惑星全土で戦ったもので、
この結果、文明と生態系を完全に破壊人類はほぼ壊滅状態になった。
だから町の外は不毛の砂漠か荒野で、しかも大戦期の生体兵器や過酷な環境に適応した
怪物としか思えないものたちが跋扈しているので、移動には専門のキャラバンや傭兵団や
ほのかのようななんでも屋が必要になる。
またテクノス・タブーはザ・サードが自分達の優位を保つためではなく、
一度大戦を引き起こした人類がまた大戦を繰り返さないために、
必要最低限の技術のみに制限し、
無用の交流の元となる飛行技術を禁止している。
このへんの説明がまだ無いのだ。

あとザ・サードがなにものかについても説明がまだ無い。
これは、次回のB・Bの回などで、ほのかの正体?とあわせて
説明されるのかもしれないので今回はやめておこう。


超解(スーパーガイド)!ザ・サード
超解(スーパーガイド)!ザ・サード (ドラゴンマガジンコレクションSP)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ザ・サード いままでの感想? アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる