奏光のストレイン 第7話

 遅ればせながら「奏光のストレイン」7話の感想です。

ラヴィニア、万歳!って回だよな。
セーラにアタックのラヴィニア。
しかし、その思惑は毎回見事に外れる。
挙句にセーラの大事な大事なエミリー人形をごみとして回収されてしまう・・・
一方、ディーグではエミリーが単独で艦から出奔。
次回でエミリー人形を探しにきたセーラとエミリーの遭遇になる。

ラヴィニアのアタックでエミリー人形を隠したら本当に無くなったってのは
やはりこの展開の王道だ。
この作品は王道的展開を絶対はずさない。
それでいて飽きさせないのだからいい。
ただ今回のラヴィニアの全裸シーンで次回からR-15指定になるのでは・・・
wowwowでは以前も某作品で1回ヤバメのシーンが出てから以降は
冒頭でR-15指定のテロップが出たことがあった。
1度出すと後は内容にかかわらず出たままだしな・・・
「ストレイン」では今までもセーラやロッティのシャワーシーンが有ったが
結構ぼかしてたのに今回のラヴィニアはモロだったのはなぜなんだろう?

"奏光のストレイン 第7話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント