ガンダムOO 2nd 第24話「BEYOND」

 さてOOも次回が最終回。今回でほぼ伏線は回収できたのでしょうか。

前回の個別戦闘の結末。
ルイスはガガの特攻で気絶。
刹那の指示で沙慈が非戦闘地域(ってそんな場所この辺りに無いか)に退避するが、
錯乱状態で目覚め沙慈の首を締め上げる。
そして力尽きて死んだかと思われるが・・・刹那の覚醒による高純度GN粒子の影響で復活?
高純度GN粒子があのラッセの細胞崩壊を止めたような感じだからルイスの細胞崩壊も直ったんだろう。
う~ん、フォウエンドかオリビーエンド濃厚だったが一転ハッピーエンドが見えてきたかな?

スメラギとビリー。
振られ男ビリーはどんどん情けなくなる。
恒久平和のくだりはもうどうしようもない。
ぜんぜんそんなことには興味ないのが見え見えだもんな。
刹那の覚醒で本心を突かれ、はれてスメラギとハッピーエンド?
ふたりでオートマトンを仲良く迎撃しティエリアのヴェーダ掌握で生き残る。
あれ、ビリーはオートマトンになんか端末みたいなもので指示出してなかった?
なんでオートマトンと戦闘してたの?

ライルとサーシェス。
サーシェスって案外精神面で弱かったんだ。
刹那の覚醒による意思の連結に動揺し、ヴェーダのサポートを失いアルケーのコントロールを失うと逃げの一手。
こいつなら意思の連結なんて「それがどうした。お前らが何を考えようとかんけいねぇ!俺は俺のやりたいようにやるだけだ!」ってな感じで気にしないように思えたんだが、案外気にするのね。
だがその後にすぐに逃げの一手はさすが。
そして命乞いの末にだまし討ちの反撃で絶命。
かっこいいライバルキャラっぽく登場して、どんどん悪役の道を進み、最後は小悪党的な死を迎える。
欲を言えば2ndシーズンでもっと組織戦での指揮官としての彼を見たかったな。
でライル。追い詰めたところでアニューの意思を感じて見逃すが・・・
サーシェスを見逃す意味があるか?
止めをささなくても武装解除くらい当然だろ。
なんかわざと反撃の隙を作って正当防衛にしてみましたって感じが・・・。

ティエリアとリボンズ。
いまごろ新たな概念?イノベイド?
イノベーターが何たるかすら最初に知らなかったティエリアが知ってるはず無いから、
これはリジェネの知識かな?
でリボンズの真のイノベーターを超えた存在。
もういいからしゃべんな!
リボンズは口を開けば開くほど馬鹿丸出しで小物に見えてくるwww。
ところでティエリアは刹那の発動が無ければどうやってヴェーダを掌握する気だったんだろう。
体を捨ててヴェーダ内で電子戦闘とかするつもりだったのかな。
それだと勝ち目は薄いような。

では刹那の発動。
トランザムバーストって・・・ダブルオーは独自開発じゃなかったの?
リボンズが知らない=ヴェーダによらない独自での発展開発型だと思っていたが・・・結局イオリアの隠しギミック満載なんだな。
母艦ソレスタルビーイングも同調していたようだし、この母艦はダブルオーライザーのツインドライブがあってこその艦かも。
その超絶能力?
高純度のGN粒子で意思の連結が起こる。
擬似GN粒子による細胞崩壊の修復。
ってところか。
あのガガがおかしくなったのはリボンズ=ヴェーダによる脳量子波によるネットワークにより強力な脳量子波による干渉が起こったために一時的に麻痺したって理解でいいと思う。
実際にヴェーダを乗っ取りガガやオートマトンの支配権を握ったのはティエリアだから。
結局、イノべーターって脳量子波による意思の疎通だけのもんだったのか。

最後に登場したリボンズ専用MS、その名もリボンズ・キャノンwww。
これがラスボス?
なんだかな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック