ガンダムOO 2nd 第20話「アニュー・リターン」

 今回はライル&アニューの悲恋がメイン。悲劇を先にやったからルイス&沙慈には一筋の光明が見えてきたのでしょうか?

イノヴェーター化したアニューはラッセを撃ちミレーナを人質に。
だが刹那とライルのチームワークにダブルオーは奪えず小型艇で脱出。
リヴァイブはオーライザー奪取に成功。
しかし、オーライザー内のハロの活躍とダブルオーの強制合体によりコントロール権を失う。
悔し紛れにコックピットを物理的に破壊して逃げ出す。

で、トレミー2がアニューの置き土産のシステム障害の間にイノヴェーターズ出撃、ヒリングとリヴァイブにアニューおまけにリボンズによりイノヴェータ化しつつあるルイス。

ルイスのMAレグナント!!

いやはやダブルオーライザーもたいがい理不尽だがこいつも・・・。
こいつはまったく・・・セラヴィの溜め技の懇親の一撃をキャンセルするはカーブでなく角で曲がる無茶な追尾型粒子砲って・・・。
これで格闘戦モードとかあったら恐ろしいな。

今回の本題、アニューとライル。
アニューを取り戻そうとするライルとイノヴェーター側に誘うアニュー。
分かり合えたか?と思ったところでイノヴェーターの発動。
そして外側からの一撃。
やっぱ「永遠のフォウ」のイメージかな?
分かり合えていたが結ばれずに悲劇的な最後を向かえるのは・・・。

ただあのイノヴェーターの意思の発現はアニューよりリボンズの意思ぽかった(というかまんまリボンズの介入?)
のでアニューが自分の意思を持ったイノヴェーターだったかちょっと不明?
イノーベーターとしてのアニューはそれまでの記憶も感情も引き継いでいたが、
発現前のアニューにイノヴェーターの意思があったのかとか、
リボンズがどの程度イノヴェーターの意思を操作できるのか謎だな。
ティエリアやリジェネはリボンズから独立しているようだから介入操作はアニューだけに対してなのかな?
イノヴェーターとはいえアニューはもともとリボンズの人形として設計された特殊なものと考えたほうが自然な気もする。

では最後にヒリングにルイス・・・トレミー2に迫りながらその後のダブルオーとの戦闘シーンなし?
そりゃ今回はライルとアニューだが・・・ダブルオーライザー復活ですぐ撤退は無いんじゃないか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック