ガンダムOO 2nd 第2話「ツインドライヴ」

 OO第2話は前回の引きで出てきたロックオンの秘密?からです。

ロックオン(ライル)はロックオン(ニール)の弟。
刹那はアローズがカタロンに攻撃を開始することを伝えライルをソレスタルビーイングに勧誘。
続いて刹那は片桐の家で飲んだくれ生活を送るスメラギの下へ。
片桐の前でソレスタルビーイングの戦術情報士であったことを明かし逃げ道をふさいでしまう。
ライルとスメラギをつれてトレミー2へ帰還しようとする刹那。
だがそこには王瑠美によってリークされた情報によりアローズが迫っていた。
アローズの攻撃の前にティエリアのセラヴィーだけでは押さえきれない。
刹那はいまだGNドライヴのマッチングが完了していないOOを無理やり起動させる。


ロックオンの秘密が弟ってなんかひねりが無いな。
1stシーズンで設定を伏せる意味がもったいぶった意外に内容に思う。
それにあまりにもあっけなく明かしたもんだ。

スメラギへの仕打ちは結構鬼だな。
無理やり連れて行ってもトレミー2で役にはたつと信じてるのかな。
ところでこの片桐とアローズの指令のカタギリってどういう関係?

で、今回のメインのOOガンダム。
2機のGNドライヴの相性に問題があり起動しないってことだが、
結局、刹那の気合で起動したのかよ。
なんか無茶なことをしてみたらそれが正解ってありがちなことでなく気合が全てって・・・カードゲームアニメとかと同レベルですか・・・
このツインドライヴ、ど~も胡散臭い。
何でもOKのV2ガンダムの光の翼と同じ臭いを感じる。
出力が二倍・圧縮率が二倍で相乗効果でより強力なものとかならいいんだが・・・
いきなり前に向けて攻撃の無効化なんてのをやったからな~。
ただでさえGN粒子万能論なのにもっと無茶苦茶になるのではないか心配だ。

う~ん、戸松ちゃんのミレイナ・・・
前回は新キャラとの差別化でトーンが変えてあると思っていたが、
話し方まであんな特徴をつけるとは・・・
わざわざウザさの極みのキャラ設定なのか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ピース
2008年10月12日 22:26
良く聞いたらわかるんですが、00ガンダムが起動した際、イアンさんが「タイムラグか!?」みたいなことを言っています。刹那の気合いと重なったのは演出でしょうねw
あと、黒田さん的にミレイナのような萌えキャラはヒドい死に方をするきがしますね

この記事へのトラックバック