絶対可憐チルドレン 第19話 暴走天使(ぼうそうてんし)!ウチのナオミにかぎって…!

 絶チル19話はナオミちゃんメインの2回目。前回のメインのときにこっちの原作の話から寮のエピソードなどを使ってしまってますが果たしてどうなるのでしょう。

まぁ、個人的にはナオミちゃんメインの回は大歓迎なんだが、原作エピソードはこの二つぐらいだからこれで打ち止めか?

今回は”ハウンド”が作戦に参加。女子寮潜入は明の能力を使用。
しかし、寮は出番のない”ダブルフェイス”のサービスシーンのためだけ。
続いての女子高潜入は前回の続きナオミちゃんイメージクリップだ。

で、大きな違いが結末。
犯人は仲間にボコられて終わりなのが、逃走して崖から落ちるところを救われて改心。
あとは犯人の発覚が紫穂の力ではなく谷崎が少年を探し出したことに。

やっぱ時間帯的にボコるのが問題だったのと少しは谷崎を活躍させたってことか?
谷崎はアニメになって変態度があがってるけど変態なのを除けばすごい人格者なんだよな。
脂ぎった中年でさえなければナオミちゃんとラブラブコンビだったかもしれない。

また名前のない女子高生に後藤沙緒里とかどうでもいいくらいせりふのないたけるにウイングとか使って・・・
こういう役にはまだまだまったく知られていないような新人にチャンスやれよ。

次はモモタロウの話か・・・そろそろイ号の爺さんとか不二子さんとか出てこないの?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年08月11日 23:03
 はじめまして。
 谷崎主任、いい人ですよね。原作を踏まえて、アニメ版で電流リミッターが登場しなかったのは、試作の段階で、谷崎主任が断固反対して阻止したからだった、みたいな話になれば、株がグーンと上がる気がしないでもない。
 やがて訪れる絶望の未来で、ナオミと谷崎がどんな役割を果たす事になるのかも気になりますです。…なんか、鬱展開の予感が…(汗)。
 では、唐突でありましたが、これにて。

アンカー教授(管理人)
2008年08月14日 02:11
梟さん、コメントありがとうございます。
そうですね。アニメ版の出会いの回でチルドレンの擁護者として須磨に食って掛かるシーンなどを増やしてもよかったと思うのですが。
未来の話でのナオミちゃんは確かに気になりますね。
まぁ紫穂・葵が皆本の所に現れた薫を待ち伏せする話がありましたからバベルに拘束されていたりはしないと信じていますが。

この記事へのトラックバック