コードギアス~反逆のルルーシュ R2 TURN 17 『土 の 味』

 枢木神社で対峙するルルーシュとスザク。スザクのウザさ爆発か?と思われた物語は一人シュナイゼルの思惑通りに進んでいるようです。

正直言ってスザクは何をしようとしていたんだ。ルルーシュに「正義の味方になれ!」って・・・
一応、スザクはルルーシュの本意を知ろうとしたんだろうが、
最初の部分はナナリーにうそを見抜かれカレンにコンボを決められたことへの八つ当たりだな。
その後でルルーシュがすべての責任を自分のものとして責めていることに気づき、
「正義の味方になれ!」なんだが、
今のスザクの立場で何がしたかったんだ?
ルルーシュにすればナナリーのそばに常に控えて、その身に危機が訪れたときは身を挺して守って欲しいってところだろうが(もっと甘く脱出を手引きして欲しかったのかもしれないが)、
スザクの真意はよくわからん。

で密会の場(笑)をシュナイゼルに押さえられ、ルルーシュはまさかの時の保険のギルフォードのギアスで脱出。
スザクはシュナイゼルにギアスの秘密を尋問される。
だけどな~、このスザクの反応がふがいないんだよな。
スザクの立場なら「ルルーシュと彼にまつわる事項に関しては皇帝陛下の命により例え皇族やラウンズといえども明かすことができません。その件に関しては殿下自ら皇帝陛下へお尋ねください。」
この返答で押し切ればOKなんだよな。
シュナイゼルとカノンはそれがわかっているからこの場で聞き出してるわけだし。
やっぱスザクは馬鹿だからシュナイゼルの口車には勝てないな。

そもそも、皇帝の健在が確認された今エリア11方面の指揮権をシュナイゼルが握ったままなのがおかしい。
シュナイゼルがビスマルク・ルキアーノを伴いエリア11方面に赴き識見を発揮したのは
皇帝の所在が確認できない緊急時だからこそで、
今はまず皇帝に指揮権を返上した上で事後の指示を仰ぐ立場じゃないのか?

次に戦略面を
黒の騎士団の作戦は正面の指揮を星刻に任せて藤堂率いる本隊は房総沖の海中に潜みトウキョウ租界へ奇襲をかける。
作戦としては基本に沿った的確なもの。
そこに味付けとしてギルフォードのギアスとトウキョウ租界のゲフィオンディスターバがあるわけだ。
だがなぜナナリー救出をロロに任せる?
一番任せてはいけないやつだろ?
オレンジ君かサヨコが適任だが・・・ロロに道案内させてナナリーに危害を加えようとしたところでロロを殺すのか?
あんまりいい作戦ではないな。
ナナリーの危険度が無意味に上がるだけだろう。

ではシュナイゼル側の作戦は侵攻してくる星刻の軍をビスマルク・ルキアーノで迎撃。
この方面で侵攻軍をたたき士気の低下した超合集国にあらゆる方向から逆侵攻をかけると。
そのためにオデュッセウスやほかのラウンズをおいている。
一応、奇襲に対してはジノ・アーニャが温存されているし、
切り札のフレイヤ搭載ランスロットを戦場と租界以外の場所に待機させている。
やっぱシュナイゼルのほうが上手だな。
ただギアスの秘密を知り喜んでいたのはこの戦いへの勝利を確信したからではなく、
皇帝への戦いを意識してのものではないかと思うんだが。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック