コードギアス~反逆のルルーシュ R2 TURN14「ギアス 狩り」

 前回のシャーリー殺害の真相が別に裏もなくまんまロロの犯行とあっけなくわかったギアス14話。どうも展開が急転しすぎているように思うのですが・・・

実は裏があるのでは?などと憶測が飛び交っていたシャーリー殺害の真相はあっけなくロロ自身からルルーシュに秘密がばれるのを防ぐためと銃を取り出したからなどと語られる。
表向きはロロを理解した様子のルルーシュだが・・・忍耐力はR2に入って相当強くなったのかな?

シャーリーの弔い合戦とゼロ番隊を率いてギアス嚮団へ。
よくこの時間帯でこの虐殺劇が出来たな~。
あまり描写は詳しくはなかったが相当の虐殺だぞ。

しかし、ロロの行動はやはり無茶苦茶。
嚮団側のギアスユーザーの子供たちに操られた騎士団員をギアスから解放した後で殺しては不味いだろう?
こいつが生きていれば「ここにいたものは見た目が子供でもみんな化け物だ!」って証言してくれて、
後の騎士団員の「これではブリタニアと変わらない。」ってセリフを封じられたのに。
やっぱロロは早いうちに消えてもらわないと害にしかならなくなってきたな。

V・Vをロロもろともに葬り去ろうとの作戦はコーネリアの登場で失敗したが・・・ここでロロが生き残ったのは後の禍根にしかならないだろうな。

一方、蚊帳の外にいたスザクの大馬鹿者はシャーリー殺害の犯人をルルーシュだと思い込む。
やっぱダメだ、こいつ。
結局、証拠とか推理ではなくこいつはユフィーを殺したルルーシュは許すべからざる大悪人でなければいけないって思い込みで動いてる。
前回、シャーリーに「許したくないだけでしょ?」っていわれた意味を理解していない。
確かに状況とギアスを考えればルルーシュが犯人ぽい。
しかし、ルルーシュがシャーリーを殺さなければならない、しかもテロリストの犯行ではなく自殺に見せかけるようにわざわざギアスをかけて殺さなければならない動機と状況を全く考えようともしていない。
その挙句がカレンへのリフレインの使用かよ。
カレンは皇帝のギアスでブリタニア側につくことになるのかと思っていたが、暴走スザクのリフレインとはな・・・。

あと今回気になったのが皇帝とV・Vの会話。
「また嘘をついたんだね、兄さん。」
この言葉は色々な予想が出来る。(まぁその予想をはずすのがギアスだったりするけど・・)
V・Vが妙にマリアンヌにこだわることからも、
若き日の皇帝シャルルがマリアンヌに魅かれて、幼き日の誓いの邪魔になる感じ(いってみれば嫉妬)マリアンヌ暗殺を実行。
ってことになるな~。
こうなると前に予想してその後ありえないと思った皇帝がルルーシュ・ナナリーの身の安全を守るために日本に送ったってのもありえるか?
う~ん、前に予想した時はゲンブの人となりがわからなかったときだがあんな正確の男の所に逃がすのは無理があるな。

今回の話のラストで皇帝とルルーシュがCの世界で対峙したからその辺の真相とギアスの秘密が次の話で明かされるのかな?
00のCMがあったけど、ギアスを1年続けてこんな急いだ展開にせずじっくり作った方が絶対いいと思うんだけどな。
00はど~も全シリーズ以上の駄作の香が漂ってるからな~www。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ピース
2008年07月14日 01:06
僕は種と種死は見ていないんですが00の1期はそれなりに面白く見てましたけどね。というか、「ガングレイヴ」という僕がアニメで唯一泣いてしまった神アニメを見て以来、黒田さんに無条件で期待しているというのもあるんですけどね^^;
アンカー教授(管理人)
2008年07月22日 02:28
ピースさん、コメントありがとうございます。返事が遅くなってすみません。
私が00を楽しめなかった最大の理由はファースト以来のガンダムの特徴「様々な人々の意見・主張」と言ったものが00ではいい加減に扱われていると言う点です。
一般大衆は全て一部の人間の誘導に乗り全く疑問を持つものがいないといった描かれ方です。
この点が2期でも直りそうにない様なので、あのようなことを書きました。
00の2期に期待をしている方に不快感を与えたのならお詫びいたします。

この記事へのトラックバック