コードギアス~反逆のルルーシュ R2 TURN 7 『棄てられた 仮面』

 前回絶望のどん底まで突き落とされたルルーシュが復活する話ですがちょっと綺麗過ぎるような気がします。


ナナリーが自分の意思で歩もうとする未来に自分は必要ないと絶望するルルーシュ。

?・・・ちょっと待て、ナナリーのことはスザクとブリタニアが守る?
おい、ルルーシュ 腑抜けすぎだぞ!
 
ブリタニア皇帝が全く信頼できないヤツなのは誰よりもお前が良く知ってるだろ?
スザクにしても前はともかく今は全く信用できない。
強さこそ正義!のブリタニアがナナリーを見守りその理想の実現に力を貸すことなんてありえないし、
スザクも自身の目的を定めそのためには何だってやるやつだぞ。
極端な例だがスザクが必要とする力(経済力だったり地位だったり)を持つ変態貴族なんかが
ナナリーの配偶者になることを条件にスザクの後見につくなんて話があれば、
今のスザクは「彼の庇護の元でならナナリーは今後何の苦労もしなくて良い。」
なんて身勝手な自己弁護の元にOKしかねない。
ナナリーに否定されたのがショックなのはわかるがここは姿を隠しナナリーを見守る、が正解だろ。

結局、ルルーシュはまだまだ子供でナナリーのために生きる自分が好きなんだよな。


自暴自棄になって放浪しギアスをかけまくり・・・え~っと機情はほぼ壊滅でルルーシュの意のままだけど、
こんだけ派手にやればルルーシュ=ゼロは隠しようがないよ。
もう学園ネタはコレで終わりにするのか?
何事もなかったように再びルルーシュが学生に戻ったら話が都合よすぎるよ。


カレンがルルーシュの元に・・・コレが深夜アニメのままならもっといっかもしれないのに。
深夜基準なら押し倒して服に手をかけるくらいまでいって、カレンの涙とビンタだったんじゃないかな?
ここはもうちょっとじっくり描いたほうがカレンの心情がルルーシュに伝わり、
後の屋上の花火のシーンにも深みが出たように思う。
やっぱギアスは深夜にやった方が良かったか。


そして戦闘シーン。
スザク率いるブリタニア艦隊が藤堂指揮下の黒の騎士団の残存戦力(潜水艦1に紅蓮だけ?)を追い詰めるが・・・
スザクみたいな体力馬鹿に指揮官なんて務まるはずが無い。
あんだけの戦力差があって惨敗って普通降格程度ではすまないぞ。
まぁ前シリーズでも指揮官が責任を問われることがほとんどなかったからなぁ・・・
ブリタニア軍は実力主義なんてお題目の下で高級軍人の失敗は誤魔化されているのかも知れないが。
にしてスザクの無能指揮官ぶりはすごい。
相手が奇策を得意とするゼロ堅実な策で圧倒的戦力差をひっくり返したことがある藤堂なのに、
地形情報すら調べないで戦うとは。
相手をなめきってるな。

確かにアレだけの戦力差があれば変な奇策より力押しの正攻法が正解だが、
それは正確な情報があってこそのもの。
メタンハイドレートの採掘施設の上で海戦をするか?
流れ弾が当たっただけでも大変だぞ。


ゼロとして復活したルルーシュが停戦を受け入れさせたが、
正直ラウンズ3機でも残った戦力(っても紅蓮とロロのヴィンセントぐらいだが)で倒せたんじゃね。
ラウンズの3人にロロのギアスが有効なら勝てるぞ(タイミングを合わせてロロのギアス発動→紅蓮のゲフィオンで機能停止)。
こんな機会もうないんじゃないか?


やっぱりルルーシュの復活が綺麗過ぎる。もっとじっくりとどん底を彷徨ってからの復活にして欲しかった。
出来ればこれで2~3話使ってほしかったな。
これでルルーシュが善人化したら面白み半減以下だな。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック