ゼロの使い魔~双月の騎士  第1話「女王陛下のゼロ」

ついにゼロの使い魔の第2期シリーズが開始されました。第1シリーズの終了は原作とは違った展開であっただけにそのへんの矛盾点などをどう処理していくのか注目です。

とりあえず公式HPのあらすじは

第1話「女王陛下のゼロ」

先の戦争に参加したために元の世界に帰りそこねた平賀才人は、異世界ハルケギニアのトリステイン魔法学院でご主人様ルイズ・ド・ラ・ヴァリエールの使い魔として暮らしている。珍しく仲睦まじい両者だったが、才人はルイズにもらった不思議なメガネのせいで、女の子を見てしまう度にルイズにお仕置きをされてしまう羽目に…!一方、トリステイン王宮では、アンリエッタの女王即位のための戴冠の儀式が行われようとしていた。その地下で捕虜クロムウェルに迫る黒い影。そしてパレードの最中、アンリエッタ女王をメガネ越しに見てしまった才人は、ルイズの逆鱗に触れそこで周囲を巻き込む大爆発が起こってしまう・・・!?


メデューサの眼鏡・・・こんな呪いのアイテムが家宝てヴァリエール家の女って代々独占欲の塊だな。
あらすじからすると初回はドタバタか?と思ったがどちらかというと第1シリーズの総括とこのシリーズの伏線を張っているようだ。
まぁルイズの独占欲とデレっぷりはパワーアップしてるしサイトのスケベ度もアップしているようだが
サービスシーンはなかったな。
第1シリーズの1話のルイズのような客引き的なシーンがあるかと思ったのだが・・・。
展開は早く結構一気に進んだ気がする。
が、1話にしたら詰め込みすぎのような。

アニエスはちょっとキレすぎでは。原作のイメージではもう少し思慮深く本当の目的(復讐)のために感情をあまり表さないように思ってたんだが。ラストのシーンなんて早くもギャグキャラ化している。声のイメージはぴったりなんだけどちょっとなぁ・・・。





















この記事へのコメント

鳴海みぐジュニア
2007年08月11日 10:02
こんばんは、鳴海みぐジュニアです。

第1話感想文

まるで絶望に叫ぶ主人公が酒場で酔いつぶれていたところ、
マスターに「お前、悪夢を見たのか!?」と注意されるような
オープニングですね。

また、アニエスに踏んづけられるシーン、
これが本当の「人権蹂躙」を連想させますね。

オチでアニエスが緊急事態で訪ねた時、
ムチ100発の刑惨状が明らかですね。
頬なんか3ずつなんてオチでは・・・?

最後に、

唇までダークな紫色
才人自身の頭ぐらいの大きさの大きいタンコブ
右目にモノモライ
歯が5本減っている
頬がルイズのムチの痕とワンセットで
蜂に刺された以上の大きさの腫れ

これらの惨状を含む才人さんだったら、
彼のことを管理人さんはどう思いますか?

それでは失礼いたします。
アンカー教授(管理人)
2007年08月12日 00:04
 鳴海みぐジュニアさん、コメントありがとうございます。

質問の趣旨は、ムチ100たたきの結果のサイトがよりリアルで悲惨な状況ならどう思うか?ってことでしょうか。

その場合、サイトがどうのより、スタッフに対して「あんたらいったい何がしたいんだ?」と思うほうが先です。
まぁ、あえてサイトに何か思うなら、「さっさとルイズなんて見捨ててシエスタと彼女の村で幸せになれ。」ですかねぇ・・・

この記事へのトラックバック