DARKER THAN BLACK ―黒の契約者―第8話 「五月雨にクチナシは香りを放ち・・・後編」

 てこ入れ?の第4エピソードの後編です。死体発見で以下次週というミステリーモノの王道的展開を見せた前回でしたがダーカーに王道的ミステリーはありえない?

では公式サイトからあらすじ(予告)を

第8話 「五月雨にクチナシは香りを放ち・・・後編」
黒猫を探すため、弓月の前妻が住む屋敷に潜入する久良沢。そこで、前妻の白骨遺体を発見する。久良沢の中で亜璃紗を疑う気持ちは強まり、自らの後を付け狙う契約者の影に気づかない。久良沢の前に姿を現す契約者。人から人へと憑依する能力によって、久良沢は身体を乗っ取られてしまう。猫に身をやつした契約者マオとともに危機に陥るが、そこにヘイが現われる。哀しい契約者の正体、そして亜璃紗の抱える想いとは……。


久良沢凱 本名は松吉 へっぽこ探偵が事件をややこしくしていくのはまぁ定石の展開。
しかし猫は今までは結構役に立つ印象だったが今回でへっぽこパート2決定ぽい。
対価の説明で渋く決めているようでも内容が自分の靴下の臭いを嗅ぎたかったでは・・・
この話は渋く決めた後にオチがある、てこ入れより閑話休題ってとこのような気がする。

真面目な話では対価を猫は元の体を失ったことで支払い終わっていることになっているそうだが、
コレは黒も過去に重大な対価を支払い今は払う必要が無いってこともありえるのかな?

次回は元の雰囲気に戻るのかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック