コードギアス~反逆のルルーシュ第23話「せめて哀しみとともに」

 ついにコードギアスも最終回(一応(笑))です。前回の度肝を抜く展開からどのようにまとめて来るのか興味の尽きない23話ですが、さて・・・

冒頭はユーフェミアの虐殺命令がスケールアップしている、日本人を名乗るものは一人たりともの逃さず虐殺ですか・・・エリア11以外の亡命者も殺しに行くんですか?

黒の騎士団は完全に正義の味方。
扇もゼロの言葉を信じたのか?

カレンが見つけたユーフェミアをルルーシュは撃つがその光景をしスザクが目撃。
キレたスザクは紅蓮二式を一蹴して瀕死のユーフェミアをアヴァロンに連れ帰る。

黒の騎士団は特区を制圧、キョウトをも配下に組み入れ合衆国日本の建国を宣言する。

死の床で何も覚えていないユーフェミアは特区日本の成否を尋ねスザクの前で息を引き取る。

そんな中ルルーシュのもとへナナリーからユーフェミアに会いたいとの電話が。
ルルーシュはナナリーに特区のことを話すことができない。

ユーフェミアの事件から日本各地で暴動が発生。
コーネリアは茫然自失、ダールトンは行方不明、ギルフォードひとりでは手がつけられない。

復活したコーネリアはトウキョウ租界外縁で黒の騎士団との決戦を挑む。

ユーフェミアの亡骸のそばのスザクにはV・Vが接触。
まぁ、スザクにゼロがユーフェミアにギアスを使ったと話したのだろう。

決戦に赴くルルーシュにユーフェミアの携帯からスザクの電話がかかる。
スザクは憎しみから人を殺したい衝動に駆られていることを告げられる。
ルルーシュはそのことを肯定してスザクとの決戦を決意する。

ここで終わるか?
決戦寸前って確かに終わりどころとしてはありだけど・・・

夏に放送ってもっと正確な情報をよこせ~!

決戦の行方は・・・ 
暴徒に襲われたヴィレッタは・・・ 
復讐に燃えるニーナはガニメデでなにを・・・
C・Cの電波な話し相手はマリアンヌ?
スザクに接触したV・Vの目的は?

伏線ばっか増えてこんなの夏まで待てるか~!

ぼやきはこのぐらいにして、
合衆国日本・・・もう無理ではないか?
今回の一件で日本人は決してブリタニア人との融和は受け入れないだろう。
寛容の心で全てを受け入れる国家はまず無理。
黒の騎士団がコーネリア本隊を撃てば各地で今以上のブリタニア人狩りが起こり
それこそブリタニア人は皆殺しになるだろう。
出来上がる国家は徹底的なナショナリズムの反ブリタニア国家しかありえない。
アメリカ合衆国が第二次世界大戦のあと比較的寛大な事後処理をしたのは
本国自身がたいした被害を受けなかったことと戦勝国の余裕があったからで
もしドイツなり日本なりがアメリカ大陸に上陸作戦を行って都市が戦場になるような状態が会ったとすれば
あんな事後処理ではなかったはずだ。
弾圧の果ての虐殺から出発した国家が寛大になるのはそうたやすいことではない。

コーネリアのトウキョウ租界外縁での決戦はどうだろう。
確かに黒の騎士団本隊のゼロさえ倒せばいいとはいえるが、
もともと黒の騎士団はトウキョウ租界からシンジュクゲットーから出てきた組織だということを見落としてないか?
地の利は頃の騎士団側にあると見て良いだろう。(実際終了間際のビル群崩壊はその証拠)
ユーフェミアの死に動揺してまともな戦略を立てられる状態ではないのだろうなぁ。
ルルーシュのほうも罪の意識から偽悪家と化している節がありこの最終決戦は
戦略的には見るものがない戦いになるような気がする。

そうだ、夏の放送は主題歌変わるのかな?
今度はあってる曲だと良いけど・・・

ああっ、オレンジ君のこと書くの忘れてた。まあいいか。


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック