コードギアス~反逆のルルーシュ第20話「キュウシュウ 戦役」

 コードギアス第20話のサブタイトルは「キュウシュウ 戦役」です。公式のメルマガがなぜか「キュウシュウ 戦」と間違ってますが、「戦役」が正しいのです。(戦没って不吉すぎる。スタッフがキャラの誰かを殺したい願望とか?)実際にはメインキャラどころかサブキャラ・今回限りの敵キャラも全く戦没してません。 ともかくクライマックスに向け風雲急を告げる20話です。

キュウシュウを襲った日本軍は枢木内閣で官房長官で中華連邦に亡命した澤崎敦の軍。
キョウトも関与を否定。完全な中華連邦の傀儡だ。

スザクは父殺しをユーフェミアに告白し騎士の位を返上する。
キュウシュウの状況は天候により攻めあぐねるコーネリアにキュウシュウの分離を中華連邦がもくろむ。
シュナイゼルはトウキョウで外交面を指揮、ユーフェミアはやはりお飾りの邪魔者。
ところが思わぬところでニーナとついに接触。

ゼロはキュウシュウを無視しトウキョウに独立国を立てる構想を発表する。

キュウシュウではアルビオンで侵攻しフロートユニットつきのランスロットで急襲する。
大義名分のもとの澤崎を排除することが目的。
しかし澤崎はスザクの精神的な弱さを突く、
がユーフェミアの愛の告白?でスザクが復活。
ラクシャータの手でハドロン砲を完成さsれたルルーシュとC・Cの乗るガウェインの援護を受け澤崎を捕らえることに成功する。

う~ん、展開が早いなぁ。ルルーシュとスザクが共同戦線とロイドとラクシャータの技術の結合の前には中華連邦など敵ではないとのことか?
スザクはあの精神面での弱さが”生きろ!”のギアスとユーフェミアの”愛の告白”で克服した感じだ。
こうなるとまたランスロット最強化につながるが
、今回はルルーシュ側にもスーパーロボット的なガウェインがあるのでOKか。
ガウェインにはカレンは肩に乗せたのにC・Cはタンデムなんだな。
カレンが紅蓮二式で援護に出たいようなことを言っていたがタンデムはあきらめてるのか?

次に戦略面を考察してみる。
中華連邦の目的は旧日本政府の亡命者を前面に立てることでブリタニア以外の国際的批判をかわし、混乱するエリア11からキュウシュウを分離独立させ支配下に置くこと。
コレが成り立つ前提としては、ブリタニアが中華連邦に対して全面攻勢に出ることがないか、出たとしても中華連邦には勝機があること。
どういうことかというと、
いくら大義名分があっても、支配下の地域を軍事侵攻された側は反撃の大義名分を得るからキュウシュウへの支援は人道的援助などといってみても、ブリタニアによる中華連邦への侵攻の理由となりえる。
それをあえて行うということにはブリタニアは侵攻に踏み切らないか、踏み切ってもかまわないと中華連邦上層部は判断したとなる。が、戦役後の声明を聞くところ中華連邦も全面対決は避ける様な取り繕った声明なので、ブリタニアに全面侵攻をする余力はなしと判断したようだ。
そこで、余力のないブリタニアに軍事的冒険心でちょっかいをかけたって所だ。
ただ、このキュウシュウ分断はどうも解せない点がある。
黒の騎士団による混乱を好機と見たとのことだが、コレはあまりにもいい加減な話だ。
実際、フクオカを落とした後ではブリタニア軍は最高司令官のコーネリアがすぐに奪還作戦の陣頭指揮についている。これでは正面からぶつかっているようなものだ。
本来ならコーネリアが他の戦線で黒の騎士団あるいは他のテロリストと対峙していて身動きが取れない時にキュウシュウに侵攻して、キュウシュウ分離を仕方なくとも承認せざる得ない状態に持ち込むのが正解だ。
このところの状況からすると、コーネリアのホクリク遠征に際してホクリクを影から支援して、ここに釘付けにして、その上で各地にテロリストの反抗作戦を多発させた上でのキュウシュウ侵攻が正しい手順だ。
ところがホクリク遠征が一段落し、しかもシュナイゼルというもう一人の最高指揮官が存在するという最悪の時期に侵攻している。
そのため最前線にはコーネリア、後方からはシュナイゼルの外交攻勢とブリタニアは最高の布陣をしくことが出来た。
外交からキュウシュウの分離を無理やり認めさせる圧力をかける手をシュナイゼルにより封じられては勝利はありえない。

次にブリタニア側の作戦だが、明らかに短期決戦と勝ち急いでいる。
一番無難な作戦は対馬海峡から東シナ海を封鎖して中華連邦の補給を断ち切り包囲戦をすることだが、この場合外交攻勢によりキュウシュウの分離をなし崩しに認めさせられる恐れがある。
そのために急いだのだろう。
だがアルヴィオンとランスロットによる電撃作戦は少々無理がありすぎる。
ランスロットの補給面での問題が最終的に致命的な形で露呈している。
シュナイゼルが作戦を立てたのだとしたらお粗末だ。
最上の作戦は最も能力の低い兵士を基準に立てなければならない、
さすがにそこまでは要求しないにしてもランスロットとスザクを過大に評価しすぎている。
アレで失敗すればシュナイゼルの外交攻勢に対して他の諸国が協力を保留し中華連邦の思惑に乗るほうに傾き、キュウシュウ分離は成功した可能性は高い。

最後に、メルマガの誤りにかこつけて、第1部のクライマックスで死にそうなキャラの予想をしてみる。

まずは、扇。
そろそろ、黒の騎士団内でも必要がなくなってくるし、彼の死が表から消えたヴィレッタの復帰のきっかけになるのではと予想してみる。玉城のほうが役には立たないが彼のようなのは最後までしぶとく生き残り、扇の様な毒のなさそうなの(ヴィレッタでの毒は発揮し損ねてるし)が消えていきそうだ。そして彼の死で黒の騎士団も日本の一組織から世界的な組織へと変革していくのでは。

次はユーフェミア。
前回のルルーシュとの邂逅で死ぬ可能性が高まった気がする。ルルーシュとの和解の橋渡しになりもう一歩というところで命を落としそう。彼女の死が第2部でのルルーシュ・スザクの関係に微妙な影を落とす展開はいかにもありそうだ。またスザクが彼女を守りきれなかったことをニーナに逆恨みされ付け狙われる展開も面白いような気がする。

あとは意外なところでリヴァル。
彼の死でルルーシュがシャーリーの父に続き本当の身近な死を感じる展開もアリだろう。アシュフォード学園はルルーシュにとってはもう一つの平和な世界。そこの本格的な崩壊は何れ避けては通れない(すでにマオ・セシル・ロイドと相次ぐ闖入者により崩壊は暗示されている)。その象徴的なものとしてルルーシュの身近な人物、生徒会メンバーの死はありえる。で、生徒会メンバーでは、シャーリーでは今更だし、ニーナはモット深い展開が待っているようだし(ユーフェミア関係以外でも核の描写をアレだけで終わらせはしないだろう)、
ミレイは前にも書いたがアシュフォード家の野望の局面があるだろうし、消去法的にリヴァルしかいない?

まぁ、今回のコレは妄想以外の何ものでもないので当たったら逆に驚くけどクライマックスを誰も死なずにいくことはないだろう。

公式HPのナイトメアフレームにゲッカが追加されない・・・ガウェインと一緒に追加されるのかなぁ。
キャラのほうはリニューアルされたのに~。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ガウェインマニア
2007年03月15日 09:58
ガウェインとランスロットの共同作戦かっこよかったな~コードギアスもう少しでおわりだけど続編に期待しよう!
アンカー教授(管理人)
2007年03月15日 22:41
ガウェインマニアさん、コメントありがとうございます。
共同作戦は確かにかっこよかったですね~。
続編なんですが、今のところ発表形態が未定なんですよね。TV放送であればいいのですが。

この記事へのトラックバック