奏光のストレイン 第1話「絶望の前奏曲」 第2話「出会い」

奏光のストレインの初回放送は1・2話の2本連続放送です。

第1話は怒涛の展開。
突然の奇襲で訓練生が戦う、ってパターンは80年代のロボット物全盛期からの王道パターンだが、
主人公セーラの仲間が第1話で全滅!
3人のうち1人は重傷を負うか何かで生き残るかって思ったが、あっさり全滅。
その奇襲をかけた敵はあこがれであった実の兄だった。
しかもセーらは主役機ストレインに乗るために必要な「ミミック」(自身の脳の複製品!)を破損してしまう。

第2話では全てを失い名前を変えたセーラは兄ラルフを追う為、ギャンビー(一般兵用の量産機か?)の訓練生になり最前線行きを希望する。
そこからは訓練校での定番のいじめ物が展開される。
このギャンビーの訓練生って典型的な意地悪キャラなんだよな。
一応この2話で今後のレギュラーになるキャラ達が登場している。
ギャンビー関係は使い捨てキャラかなぁ。
そして訓練生達のいじめで大切な兄からもらったペンダントを隠されたセーラはゴミ捨て場?でサブタイトルである「出会い」を人形「エミリー」と果たす。

王道路線を守りながらなかなか先の楽しみな展開だ。
映像的にもきれいだったし、
演技的にはセーラ役の川澄綾子がすごくいい出来。
1話冒頭の妹キャラ、1話での純真な優等生、そして2話からの冷徹な仮面を被った姿との演じ分けが良かった。
これからが期待できる。

公式ホームページは http://www.s-strain.jp/ ですが全部フラッシュで思いっきり重たいのでお勧めできません。

「奏光のストレイン」主題歌 メッセージ
メッセージ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック