アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶対可憐チルドレン 第1話「絶対可憐(ぜったいかれん)!その名はザ・チルドレン」

<<   作成日時 : 2008/04/07 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 ブログ本格的再開の第1回目に絶チルの感想を書いておきます。

原作を連載1回目から読んでる身としては、ほぼオリジナルなのにはちょっと不満はあるが・・・
まぁ、最初からこの方向なら後で騒がなくていいからいいか。

話はオリジナルで皆本とチルドレンの出会いを描いていた。
で皆本の前任の須磨主任が登場なんだが、さすがに原作の児童虐待的ネタはゆる〜くして、
彼女も彼女なりに子供たちのことを思っていた?ってな展開に。

まぁストーリーのほうはこの辺で第1回らしくキャストの感想を

平野綾ちゃんの薫は酷評されるほどのものではないだろうが、現時点で良いと言うほどのものでもない。
薫の真価が問われるのは未来の皆本とのアノシーンにあるから、
クイーンの片鱗が見えない限りはなんともいえないか。

戸松遥ちゃんの紫穂はそんなにセリフがなかったが、
まぁ、その少ないセリフからは結構良かったようではある。
紫穂もその真価はダークサイドにあるから裏表のギャップのシーンが期待だな。

うりょっちの葵は京都人としてはひっかかる。
葵のキャストは原作者のブログにもうりょっちのブログにも関西弁にネイティブなことがあげられていたが・・・
はっきり言って今の京都の子供はあんなしゃべり方ではない、
言葉尻は京都よりだが強弱があきらかに強調しすぎ。
関西弁と一纏めにするが河内・泉州と京都では明らかに違う。
いわゆるTVの関西芸人は泉州の言葉をより強調したしゃべりをしているため、
それが一般的な関西弁のようになっているが実際にあんなしゃべり方をする人は少ない。
原作者も大阪出身なんだからもっと自然なしゃべりにしてもいいだろ?
うりょっちは奈良だから基本河内よりになるのは仕方がないが、
原作者は北摂じゃなかったっけ?
それなら京都のしゃべりが泉州と違うのはわかってるだろうに・・・
まぁTVでは実際の言葉でやることはやはり無理なんだろうなぁ。
うりょっちのせいではないとわかってはいるが変に関西弁にネイティブなんて書くから余計に気になってしまった。

ちょっと脱線してしまったが次は十郎太さんの桐壺。
問答無用の無茶振り親父の迫力が今のところまだ足りない。
兵部と対峙した時にどこまで迫力が出るか期待だな。

ますみんの柏木・・・一番微妙なんでは?
ますみんではきつ過ぎるように思うんだよな〜。
理想ではもっとほんわかしたした声でありながら、たまにピシッとってな感じなんだが。
ほたる役の利奈さんのほうがあっていたように思うのはおいらだけか?

兵部の遊佐さん(そういやこの人こそ京都のネイティブだったよなぁ)と賢木のき〜やんもセリフが少ないが少ないながらよくキャラが出ていた。
二人ともこの手の役は結構はまり役だしな。

さてハヤテの2期が既に決定したことだからそれまでのまぁ1年の間が放送期間かな?
ストーリーがオリジナルよりなのでどんなことになるのか予想のしようもないが、
変な脱線楽屋落ち的な方向にだけは行かないでほしい。

さて、次は気合入れてギアスの記事を書くか・・・








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
(アニメ感想) 絶対可憐チルドレン 第1話 「絶対可憐!その名はザ・チルドレン」
絶対可憐チルドレン 2 (2) ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2008/04/07 20:51
絶対可憐チルドレン 第01話 感想
 絶対可憐チルドレン ...続きを見る
荒野の出来事
2008/04/10 11:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
絶対可憐チルドレン 第1話「絶対可憐(ぜったいかれん)!その名はザ・チルドレン」 アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる