アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球へ・・・ 第1話「目覚めの日」

<<   作成日時 : 2007/04/07 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 22 / コメント 0

 妖奇士のピンチヒッターの「地球へ・・・」の放送が開始されました。原作は竹宮恵子の名作でかつて劇場版としてアニメも制作されたものです。

第1話はシンが成人検査でミューと判断され管理局に包囲されるところまで。
全くのさわりだけだが、ここまでで一番大きな変化はシンの両親の設定だ。

原作を最後に読んでから結構経っているから少しあやふやだが、
原作および劇場版のシンの両親はあんなに愛情あふれるいい親ではなかった。
あの両親は義務というか職業として親をやっていたので、
シンが心理検査を受けるようになったことなどから
「男の子は難しくて仕方が無い、次は女の子を・・・」といったようなセリフがある。
ところが今回の両親は母はシンのことをとても心配しているし、
父もせっかくのパーティーを台無しにした管理局に憤っているとずっといい両親だ。
関係ないがまさかゆかなちゃんがシンの母親役とは・・・
もうそんなに時代は流れているのか・・・結構ショック。
これは電童で三石琴乃が母親役になって以来のショックだ。


そして心理検査のシーンで検査官?が母親に「血がつながっていない。」というようなをセリフを言っていたが、あれは物語の根幹を揺るがすミスセリフだ。
上の文でも書いたがこの世界の親は一種の職業として親をやっている。
子供はいわゆる試験管ベイビーで工場の様なところで受精させコンピューターの完全管理の下で各種検査を行われたうえでコンピューターによって選ばれた両親のもとで養育される。
またこの両親も成人検査の後に子供を育てることに適していると判断された者がなるために、
血のつながった家族など存在しない。
そんな世界なのに「血のつながり」のセリフが出てくれば逆にシンの家族の方が特殊で他の家族は血のつながりがあるように思える。

今回のアニメ化で設定を変えたのか?
しかしこの受精時からのコンピューター管理がミューの遺伝子を発見していながら排除しない管理体制の矛盾となりその理由は?とキースのラストシーンにつながるのだがそれを変えてしまってはわけが分らなくなる。
ただのミスなのか、それとも大きな理由があるのか?注目していきたい。

今回の内容とは関係ないけど特番の完全ガイドでミューの船をデザイナーの出渕裕氏がアニメ史上最高に美しい出来だといっていたがどうも銀英のブリュンヒルトの影響があるように思えるのだが・・・
実際に登場するとどうなのだろう。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
地球へ・・・第1話 目覚めの日
今日から始まりましたね。 妖奇士の分も頑張ってほしい所ですが・・・。 以下感想 ...続きを見る
Black Paradise
2007/04/08 00:16
地球へ… 第1話「目覚めの日」
滅び行く地球の再生のため宇宙にでた人類… それから幾星霜――。 異能者(ミュウ)だった少年ジョミーは、目覚めの日に不適格者の烙印を押され… それは、故郷・地球へ還る長い旅の始り。 4月の新番組その17。 舞台は、はるか未来。原作は30年近く昔のもの(^^; ...続きを見る
SERA@らくblog
2007/04/08 00:21
地球へ・・・ 。。。。 section01 目覚めの日
開口一番! 竹宮惠子さん のキャラが アニメで動いてるよー! (感動。。。。 ...続きを見る
幻影現実 私的工廠 ブログ
2007/04/08 00:25
地球へ… 第1話感想
地球へ… 第1話感想いきます。 ...続きを見る
AAA〜悠久の風〜
2007/04/08 00:35
地球へ… 1話 『目覚めの日』
ナキネズミヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!! ...続きを見る
欲望の赴くままに…。
2007/04/08 01:03
アニメ「地球へ…」第1話 感想。
第1話「目覚めの日」 ...続きを見る
ぎんいろ(旧夢の日々)。
2007/04/08 01:21
地球へ… 初回感想
春アニメその15、土6の代打(ぇ 地球へ・・・テラへ・・・知らないな〜^^; ...続きを見る
ラピスラズリに願いを
2007/04/08 01:31
地球へ 第1話
第1話「"地球へ"と書いて"寺へ"と読む」 ...続きを見る
あしゅの気まぐれブログ
2007/04/08 02:11
いい歳こいて地球へ・・・好き 1話
 色々あって第1回放送の「地球へ・・・」。本来はやっぱり「地獄少女」の後枠に予定されてたみたいですね。その地獄少女は関東ではTBSではなくMXでネットされてたわけですが、「地球へ」を土6に取られた為に4月からは& ...続きを見る
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非...
2007/04/08 02:57
地球へ… section01「目覚めの日」
地球へ…の第1話を見ました。section01 目覚めの日私達の記憶、美しい故郷・地球。その星は人類文明の発展による自然環境の破壊と汚染により、人の住めない星となってしまいました。追い詰められた人類は荒廃した地球を離れ、宇宙に新天地を求めたのです。育英都市アタラ... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2007/04/08 07:16
地球へ… 第1話「目覚めの日」
地球(テラ)へ… 第1話「目覚めの日」新番組第14弾 ...続きを見る
恋華(れんか)
2007/04/08 14:56
地球へ・・・ 目覚めの日
竹宮恵子原作の地球へ…のアニメ化の第一話。 何十年前の漫画だったっけ? 1977年に誕生したこの漫画、1980年には劇場版としてアニメ化されました。当時かなり人気がありましたよ、この漫画! 私は読んだことありませんが… ...続きを見る
ユメノツヅキ
2007/04/08 16:00
地球へ・・・1話「目覚めの日」
今期、結構楽しみにしていたこの作品。見終わった感想は、まずとても30年前の作品とは思えない出来!!でしたね。題材が未来の話だったのが幸いしているし、何より一新されたメカとかの世界観を壊していない雰囲気がすっごい好みです。そして竹宮さんの絵を壊していない... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2007/04/09 02:11
地球へ… section01
“土6”アニメの最新作「地球(テラ)へ…」。 予備知識ゼロ、しかも出先の電気屋でBパートの部分しか見ていませんが… 実に見ごたえのあるものに仕上がっているようです。 ...続きを見る
naitou-souの「So-net的」...
2007/04/09 03:10
地球へ…第01話「目覚めの日」感想
さて、頭痛吐き気のせいですっかり忘れ去られていたこの新番組。遅番終わって帰宅、死にそうになりながらも視聴いたしました。ハイテク機材のおかげでしっかり録画されてました。早速感想。ははは、さすが一話。何がなんだか全然わからんぞ。しかし面白そうってのはたしか... ...続きを見る
物書きチャリダー日記
2007/04/09 14:00
■地球へ・・・ 第1話「世界観説明ってかなり大事・DA・I・...
■地球へ・・・ 第1話「目覚めの日」話が分かりにくいよ!^^;世界観が特殊過ぎなので最後まで話が分かりませんでした・・・。一応、wikiを見てそれなりには理解出来ましたが、いきなりこれはちょっと不親切じゃなかろーか。^^;しかも、説明してないんじゃなく... ...続きを見る
DYG0アドベンチャー
2007/04/10 08:56
(アニメ感想) 地球へ… 第1話 「目覚めの日」
地球へ… 2 (2) ...続きを見る
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
2007/04/10 18:33
地球へ… 感想
地球へ…,自然という相対するテーマを軸に、みずみずしい感性をもって描かれている ...続きを見る
画像掲示版WEB
2007/04/11 05:01
地球へ  第一話「目覚めの日」
地球へと書いて、テラ(TERA)へと読む。 地球へ のトラックバック募集中です。何かFC2ブログランキングのアニメを見る限り、不人気大爆発といった感じですが(誰も感想書いてない?)、記事を書かれている方がい ...続きを見る
soraの奇妙な冒険
2007/04/15 02:21
30年の時を超えても斬新な漫画 『地球へ』
こんにちは、漫画無料館のシゲ丸です。 TBさせてもらいます。 今回、ご紹介させてもらう漫画は『地球へ』この漫画、『地球へ』は今から30年前の1997年に竹宮恵子さんによって描かれたSFコミックです。当初、この漫画を読んだ時は正直激震を覚えました。。チョット大げさ?^^;... ...続きを見る
漫画無料館
2007/04/15 18:59
地球へ…
地球へ… 竹宮惠子原作 TBS系列2007年4月7日より放映中 全24話(予定)毎週土曜日18:00~18:30原作は竹宮惠子が「月刊マンガ少年」(朝日ソノラマ)に1977年1月号から1980年5月号にかけて連載したSF漫画作品。全4部構成。1978年度の星雲賞コミック部門を受賞。第25回(1979年度)小学館漫画賞受賞。1995年には文庫化(全3巻)し、2006年の時点では10版まで出版されている。2007年4月には新装本が出版された。1980年4月26日には東映... ...続きを見る
TVで見れる映画、動画、アニメーション
2007/06/05 02:30
レビュー・評価:地球へ……/section01 : 目覚めの日
品質評価 31 / 萌え評価 19 / 燃え評価 15 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 29 / お色気評価 45 / 総合評価 26レビュー数 160 件 ...続きを見る
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・...
2007/08/01 17:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球へ・・・ 第1話「目覚めの日」 アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる