アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス〜反逆のルルーシュ 第4話「その名はゼロ」

<<   作成日時 : 2006/10/27 02:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回でルルーシュの行動の原点が一応分かったようだがまだまだ謎の多いこの話。今回はスザクの冤罪の話。

純潔派によりスザクがクロヴィス暗殺の犯人に仕立て上げられる。
スザクは最後の日本の首相の遺児だったらしい。
ルルーシュはゼロを名乗りカレンらテロリストに接触する。
ルルーシュの敵はブリタニア人ではなくブリタニアで民間人に被害を出すな、は正論だが、
本人が本当にそう思ってるのかは疑問だな、っていうか建前だろう。
ルルーシュは3人でスザクの奪還に成功する。
しかしスザクはルルーシュの誘いを拒みブリタニアに戻る。
まあ、ルルーシュ(ゼロ)の言葉の胡散臭さはどうしょうも無いものだし、
一人の被害も出さないって考えのスザクは相容れないわな。

ちよっとスザク奪還作戦はいただけない。無理がありすぎる。
ジェレミア辺境伯が独自の情報でカプセルの中身を探り当てていたら最初から成り立たないし、
襲撃の可能性を考慮に入れていたのなら狙撃兵がいても不思議ではない。
ジェレミアに全力で守らせて逃走ってのも1機づつ妨害しているから成り立ったが、
2機が同時に動けば途端に破綻する。
戦略的思考のある作品だと思っていたんだが早くも破綻か・・・


COLORS
COLORS

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コードギアス〜反逆のルルーシュ 第4話「その名はゼロ」 アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる