アンカー教授のたわごと

アクセスカウンタ

zoom RSS エンジェル・ハートを久しぶりに見てみると

<<   作成日時 : 2006/04/25 02:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 エンジェル・ハートを久しぶりに見てみると妙に違和感を感じた。

この作品の特徴のひとつに原作以上に暑苦しいまでの劇画チックな絵があげられるが、
今回見てみるとそれが変化していた。
しかし、アップやタメのあるシ−ンなどは元のままなのだが、
動きのあるシーンや通常の会話シーンなどはアニメチックになっている。
要するにタッチが一定でない。
獠の顔が急に若々しいアニメ顔になったりと
見ていて非常に気になる。

3クールに入って手抜きが行われてきたようだ。
せっかくいい話をしていてもこれでは台無しになる。
音楽ばかりに金掛けないで絵にも気を使ってほしいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エンジェル・ハートを久しぶりに見てみると アンカー教授のたわごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる